スイッチ交換で築年数若返る

今回は、古いタイプのスイッチを交換していきたいと思います。
※簡単な作業ですが、第二種電気工事士の資格が必要になります。

f:id:harukiline52:20211012221550j:plain

せっかく壁紙やほかの所をきれいにしても、スイッチが古いとなんか台無しになっているように思います。

  • マイナスドライバー
  • プラスドライバー
  • 埋め込みスイッチB
  • スイッチカバー
  • スイッチプレート
  • 取付枠


    ホタルスイッチではないので、安く仕上げることができます。

f:id:harukiline52:20211012221617j:plain

元々ついていたスイッチ

マイナスで、化粧プレートを外して、ビスを2本抜いて、

裏に刺さっているVVFケーブルをマイナスを刺して外して新しいものに交換します。

取付枠に埋め込みスイッチBを取り付けて、配線を刺した様子。

f:id:harukiline52:20211012221802j:plain

あとはプレートとスイッチカバーをはめるだけで完成。

f:id:harukiline52:20211012221829j:plain

3口スイッチの場合も同様な手順で行います。
わたり線などややこしくなっているのでわかりにくいですが、
裏の配線は、もともとついていた、場所に同様に刺せば大丈夫です。

f:id:harukiline52:20211012221845j:plainf:id:harukiline52:20211012221852j:plain

これだけでだいぶ雰囲気が変わって現代風になりますね。

閲覧ありがとうございました。